ワクトビ !!

好奇心を刺激するニュースを追ってみたり、枠から飛び出すような企画・アイディアを発掘したり考えてみたりするブログ

2018年下半期の占い特集をしている雑誌(5誌)で牡羊座をチェックしてみた!

皆さん

 

こんにちは!

 

関東は梅雨明けしたとか。観測史上、6月中の梅雨明けは初とのこと。今年はいつもより暑い日が続きそうです。 

 

ブログは前回の記事アップから、1ヶ月以上も経てしまいました。。

 

6月から転職先の新しい会社での勤務が始まり、環境が変わったということもありますが、1ヶ月放置状態のこのブログに月間300ほどのアクセス数があることが分かり、大変ありがたく思っています。

 

さて、今日は、5月、6月に発売された女性誌で、2018年下半期の占い特集をチェックしたものをまとめてました。

 

6月に転職したばかりなので、チェックするのは専ら仕事運です。笑。自分にとって嬉しいコメントを参考にして、ネガティブな内容がある場合は、軽く流して、都合のいいように解釈するという読み方ですが(^^;;

 

全部は網羅していないですが、私がチェックした雑誌です。

 

◯『フィガロジャポン』2018年7月号

5月20日発売の先月号になりますが、恒例の石井ゆかりさんの「下半期の星の時間を読む 星占いスペシャル。」です。石井ゆかりさんは、ボキャブラリーと表現力が豊富で美しく、セラピー効果もあります⭐️

私の星座、牡羊座は、2018年後半に抱く大きな野心を現実に変える為に計画を具体化して、アクションを起こしていく時期だそう。自分が属する組織やコミュニティーなどの仲間や集団から自分を客観的に捉えて「個としての自分」を再発見することで、また新たな自分として集団に参加していくようです。自分を見つめ直して向きあって行くことが大切は下半期になりそうです。

 

◯『エル・ジャポン』2018年7月号

こちらも5月28日に発売になった先月号で「花と昆虫占い」2018年下半期を特集していました。

当たると評判のカリスマ占い師、水晶玉子さんの占いです。生年月日から自分の花キャラを探して結果を見るようになっています。私は「バラ」でした。花キャラナンバーと行って、同じ花キャラでも数字が異なるので、それによって出される占いの内容も異なってきます。「バラ」は下積みの努力が嫌いな姫気質らしく、2018年後半は奔放さが増して行くみたいで、良い結果に繋がるかは、タイミング次第みたいです。

 

◯ 『an an 』2018年6月27日号

「2018年後半、あなたの恋と運命」

半期に一度、恒例のananの占い特集です。毎回必ずチェックしています。「2018年後半の逆転劇の主役は?」で牡羊座は2位でございました!

試練はまだ続くそうですが、トンネルから見える光はそう遠くないというのが全体運。

仕事運は、奮闘することが実を結ぶみたいで、もがきながらも波に乗ることを目指すことが良いらしいです。

 

◯  『SPUR』2018年8月号

6月23日発売。2018年下半期 真木あかりの「愛と仕事の危機管理占い」が特集されています。

牡羊座は、自分がこれが本当に好きだ!と思えることを再確認すると、時間の有効活用に繋がるそうで、11月中旬からは、自由に生きるという自己改革にベストを尽していくことが大事だそうです。仕事は同じく11月中旬から1年間は出張や海外赴任など、世界を広げていく旅がありそうとのこと。プレッシャーはかかるかも知れないけど、それが自分の経験値になるそうなので、頑張ります!

 

◯ 『家庭画報』2018年7月号

綴じ込み付録で「2018年下半期 開運・招福術」として、ステラ薫子さんの「王妃占い」が特集されています。牡羊座は「白雪姫」で、今後3年間を見据えて貯蓄や投資に励むと大きな見返りがあるみたい。仕事は目の前の試練を乗り越えれば、輝かしい成功を手にすることができるそう。11月後半に海外旅行をすると金運がアップそうで、11月はターニングポイントなのかな。

 

複数の雑誌を読み比べる時に共通点を探しながら読むと、当たる確率が高まるような気がします。

 

今年も残り半年。2019年に向けて、自己改革を進めるべく、下半期も頑張っていきましょう!

 

それではまた!   

予約の取れない家政婦、元フレンチ料理人のタサン志麻さんに学ぶ働き方とは?

こんにちは!

 

今日も最高気温が27度と夏日が続いていますね。

 

3ヶ月予報では、関東は6月の梅雨時期は雨量が多いようです。7月に入ると気温は平年より高く、雨量が少ないため、梅雨明けは早い可能性があるようです。8月の気温は平年並のようでした。

 

さて、今日は5月21日(月)にNHKで放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』で予約の取れない伝説の家政婦、タサン志麻さんについて。

 

この方、フランスの三ツ星レストランで修行された後、東京の有名フレンチレストランで料理人をされていたという経歴をお持ちのすごい方なんです。

 

志麻さんは、2015年からタスカジという家事代行サービスに家政婦として登録されています。

 

定期依頼(同じ曜日の同じ時間で、毎週と隔週がある)だと6,900円。スポット依頼だと7,900円。仕事の流儀では、依頼時間は3時間となっていました。移動時間は1時間以内でしたら、依頼対象エリアに入るみたいです。

 

taskaji.jp

  

依頼人のほとんどが、仕事と子育てを両立させている女性の方々。

 

ジャンルを問わずに頭に入っているレシピは600品以上あるそうで、その中から、依頼人の自宅にある材料で何を作るか、瞬時に志麻さんのデータベースが引き出されるよう。3時間で一週間分の料理(15品前後も!)を完成させてしまうのです。

 

志麻さん考案の作りおきレシピ4品(鶏ハム、コールスロー、里いもグラタン、手羽マスタードNHKのサイトにアップされています!簡単に真似できそう🎵

www.nhk.or.jp

 

志麻さんの調理師学校時代の同期の方のお店「麻布・れとろ」で志麻さんの39歳のバースデーを旦那様と息子くんと一緒に祝っていらっしゃいました。こちらも気になります!

tabelog.com

 

なぜ、フレンチ料理人をやめて、家政婦の道へ進んだのか?

 

誰もが志麻さんは将来ご自分のフレンチレストランを開業する、ご本人もそう思っていたそうで、志麻さんが家政婦の仕事を始めた時には誰にも言えなかったそうです。

 

志麻さんが目指していたのは、高級フレンチを美味しく食べてもらうことではなくて、フランス修行時代に経験した、ホームパーティーで友人と仲良くテーブルを囲いながらいただく家庭料理の味。

 

その家庭でしか味わえない、ほっとするような母の手料理を志麻さんが母となり依頼者へ提供することで、家庭の食卓に会話が生まれたり、時間に余裕が持てるようになって、喧嘩が減り、家族に笑顔が増えること。

 

志麻さんの「日々の生活に疲弊する忙しいママを助けたい」「ママ達の役に立ちたい」という思いと凄腕料理人のご経歴が、家政婦という概念さえも変えたように思います。

 

志麻さんのように人を思いやり、役に立ちたいというパッションを持って取り組めるような仕事をしていきたいものです。

 

それではまた! 

現役東大生の正答率33%の難関テスト「2018年一斉母の日テスト」とは!?

おはようございます!

 

GWの夏日から一転、梅雨のような肌寒い日が続いていますね。風邪を引かないように注意したいです。

 

さて、母の日が5月13日(日)に迫ってきましたが、何か準備をされていますでしょうか。すでにプレゼントの手配や食事の予約をされた方もいらっしゃるかと思いますが、まだという方に西武・そごうの素敵な企画をご紹介したいと思います。

 

「今年こそ、ちゃんと母の日。」というコンセプトで、母のことをどのくらい知っているかという「母の日テスト」を現役東大生38名に実施。問題数は100問で制限時間は30分。

 

東大生が挑戦した難関度の高い100問バージョンの問題と回答用紙はこちら↓

https://www.sogo-seibu.jp/mothersday18/haha-no-hi-test100.pdf

 

その正答率は33%‼︎ 

 

問題は、母の年齢、生年月日、干支、血液型、星座から始まっています。誕生日は知っていても、西暦とか年齢とか、いつだっけ?いくつになったんだっけ?となりますよね。

 

他にも母の好きなおでんの具材、母が初めて観た映画の名前、母の小中学校の名前を答えるもの、母の似顔絵を描くなど多岐にわたります。

 

テストを受けた東大生が自分の母親に直接電話して、答え合わせをする動画が5分程、以下のサイトで配信されています。解けそうで解けない問題に頭を悩ませる姿が印象的で、母と会話に心温まり、ホロリとしました。

 

www.sogo-seibu.jp

 

東大生が受けた難関問題100問の他、厳選バージョンの20問というのもあります。

厳選問題(20問バージョン)の問題と回答用紙はこちら↓

https://www.sogo-seibu.jp/mothersday18/haha-no-hi-test.pdf

 

西武池袋本店では、5月12日(土)に先着100組(母と子で一緒に参加できる方が対象)に無料で本テストを実施するイベントを開催予定のようです。参加賞もあるみたいですよ。

 

テスト終了後には、母と一緒に採点し、親子で記念撮影もしてもらえるので、母の人生を共に振り返りながら、ちゃんと母のことを知ることのできる本当の意味での「母の日」をプレゼントできそうですね!

 

イベントの詳細はこちら↓

www.sogo-seibu.jp

 

6月の父の日にも試したくなるテストです。自分の両親のことをどれだけ知っているかを知る良い機会になりそう♬

 

それではまた!

GW後半は栃木県・益子焼陶器市へ行ってみよう!

こんにちは!

 

GW後半がスタートしましたね。3日(木)のお天気はイマイチですが、明日4日(金)から6日(日)は回復して外出日和になるようです☀︎

 

GW後半のお出かけ先として、オススメなのが、栃木県・益子町で年2回(春・秋)に開催される陶器市があります。

 

益子町は、約350軒のお店や窯元が集積する関東屈指の陶器の街で有名です。今年は4月28日(土)から5月6(日)まで開催しています。

 

私は過去に春と秋と2度行きましたが、朝から晩まで1日中楽しめるくらいの陶器のお店が出店しています。作家さんと直接話ができるテント村というのがあるのですが、昨年秋よりもテント数が一つ増えて16になったようで、新たな作家さんの発掘なども楽しみの一つです。

 

安井ひとみさんの「atelier BOKKO」の「森」シリーズの器が欲しいのですが、毎回出向くのが遅くてゲットできていません。。

 

f:id:mrsgodthumbs:20180503174251j:plain

 

ウェブサイトはこちらです。

www.atelierbokko.com

 

開催時間は9:00から17:00ですが、9時には既に混雑しており、安井さんのような人気作家のお店前には長蛇の列が出来ていたいりします。

 

以前は、8時には現地入りして壷々炉 (こころ)さんというカフェレストランでモーニングセットをいただきましたが、今年もやってるかな。通常は10時オープンなので。

 

こちらでいただいたコーヒーの器は隣接するショップで購入することもできるんです。

壺々炉(こころ)

 

事前に現地マップと行ってみたいお店をチェックしていくと効率よく回ることが出来ますよ。

 

益子町観光協会

http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/image/pdf/map_jap201804.pdf

 

江戸時代から200年以上も続く藍染工房に立ち寄るのもオススメです!

日下田藍染工房 

www.tochigiji.or.jp

 

どこに行っても混雑は避けられないGWですが、早起きして時間差で行動すれば、駐車場もスムーズに入れますし、ストレスが緩和されますよね。

 

それではまた!

 

日本百名山の筑波山(茨城県)を甘くみていた失敗談と新発見。

こんばんは!

 

連日季節外れの暑さが続いておりますが、GWの前半をいかがお過ごしでしょうか。

 

我々夫婦は、日頃の運動不足を解消すべく、昨夜に突如、思い立ちまして、茨城県つくば市筑波山に本日登ってきました。

 

日本百名山の中でも標高877mと低いため、比較的登山がしやすく、奇石とパワースポットが多いことでも知られています。

 

東京の高尾山も標高599mと低めで登りやすかった記憶から、高尾山を少々難しくしたものと若干なめておりました。一番緩やかだと言われている「白雲橋コース」でも最初は息が上がりました(^^;;

 

朝8時50分に現地の駐車場に到着。でもこれが最初からちょっと失敗。「市営第1」駐車場(500円/1日)に停めてしまったがゆえ、目指すスタート地点「筑波山神社」から最も遠く、そこまで行きつくのに徒歩で25分ほどかかりました。「市営第3」駐車場が筑波山神社に一番近いのですが、ここが既に満車だったので、焦って手前で停めてしまったのですよね。意外と神社近くにもっと安い駐車場(300円、200円/1日)が空いていたりして。。次回は、そちらの駐車場を狙います。

 

車を停めて、筑波山神社に向かうまでの間に観光案内所があったので、そちらに立ち寄りおすすめコースを聞いてみました。体力に自信があるなら「御幸ヶ原コース(筑波山神社〜御幸ヶ原)登り90分 下り70分 約2.0km」。ただし、急勾配なので、下りには進めないそう。それより時間はかかるがけど、緩やかなコースである「白雲橋コース(筑波山神社〜女体山頂) 登り110分 下り95分 約2.8km」で山頂まで行き、下りはケーブルカーを利用するのもありとのこと。

 

ちなみに筑波山は、山頂が2つあり、女体山頂が877mで男体山頂871m。山頂同士を結ぶ山頂連絡路は15分で移動可能となっています。

 

そこまで体力に自信のない我々は、白雲橋コースを選択し、筑波山神社を参拝後、いよいよ女体山頂を目指して登り始めました。酒迎場分岐まで0.6kmまでは大丈夫でしたが、ここから残りの2.2kmがけっこうキツかった。500mlのペットボトルの水はあっという間になくなりました。

 

普通のスニーカーにポロシャツ、長袖のパーカー、長ズボンに帽子というラフな格好だったので、吸汗速乾性のあるインターにしてくるべきでした。予想以上の汗で、びしょ濡れ。

 

下着も含めて着替えを持参し、近隣の日帰り温泉に立ち寄るくらいまで視野に入れて準備しておくべきでした。それくらいのひどい汗。山頂は涼しかったですが。。

 

なんとか体にムチを打ちながら、筑波山神社を9時20分前に出発してから、約2時間後の11時20分位に女体山頂に到着!その時の景色がこちら↓ 気分爽快でした!!

f:id:mrsgodthumbs:20180430220515j:plain

 

女体山頂から男体山頂へ移動。男体山頂の方がレストランや茶屋が多く立ち並んでいました。

 

ちょうどお腹も空いたので、コマ展望台レストランでけんちんうどん(750円)をいただきました。昔懐かしい味で疲れも吹き飛びました。

f:id:mrsgodthumbs:20180430224354j:plain

 

昼食後は、ケーブルカーで筑波山頂駅から宮脇駅を利用して無事に下山(片道 大人580円)。ケーブルカーだとわずか8分ほどで到着。

 

宮脇駅から駐車場まで30分弱ほどかかりましたが、悪いことばかりでもなく。市営第1駐車場の近くにフォレストアドベンチャーというアスレチックテーマパークを発見しました。

f:id:mrsgodthumbs:20180430220008j:plain

こちらを調べてみたら、フランスのアルタス社という会社が設計、施工されており、つくば市だけでなく、北は北海道から南は沖縄まで全部で28もの施設があるんですね。

写真にあるつくばのアドベンチャーコース(所要時間は3時間、大人3,600円)は、大人でも難関コースみたいです。使用されていない森林を生かして自然共生型のアウトドアパークをアルタス社が始めたのですが、元はスイスの企業研修用に作った施設だったとのこと。それが好評だったので、一般にも開放するようになったそう。こんな素敵な施設がある企業にも興味がありますが。 

 

お近くのパークはウェブサイトから探すことができます。

foret-aventure.jp

 

筑波山登山は自分の体と向き合う良い機会だったのと、幼少期にアスレチックジムに良く通ったのを思い出し、一度はアドベンチャーコースにトライしてみたいです。

 

それではまた! 

GW中に行きたい有名観光地の隣町という穴場スポット!

こんばんは!

 

今日もお天気が良く、暑いくらいでしたね。

 

お出かけされた方も沢山いらっしゃると思いますが、混雑しているところは避けたいという方もいらっしゃるかと思います。

 

先ほど「所さんお届けモノです!」で、有名観光地の隣町にスポットを当てて、今回は栃木県の日光と那須に挟まれた「矢板(やいた)市」を特集していました。

 

矢板市??聞いたことないな。栃木県と言えば、やはり日光と那須が有名。足利市の「フラワーパーク」の藤も有名ですよね。

 

果たして矢板市に何かあるのか?と疑問が湧いてきます。JR矢板駅前は閑散としていましたが、番組で紹介されていた、3つの名産品がとても気になります!

 

1. 矢板名産ヤシオポークのステーキみたいなしょうが焼き(龍園)

ヤシオポークとは、ホエー(乳清)を与えて飼育した母豚から産まれた豚で、厚みがあり、焼きすぎると硬くなるイメージですが、とても柔らかいのだそう。

龍園のしょうが焼きは、ステーキみたいな見た目とボリューム。常連さんには餃子を1枚、無料でサービスするそうですが「所さんのお届けモノですを観た」と言えば、特別にサービスしてもらえるそうですよ!

 

矢板市観光協会でも絶賛されています。

www.yaita-kankou.com

 

2. 美魔女ママの作る花火が吹き上げる苺パフェ(カフェドジュリエ)

栃木名産のとちおとめをふんだんに使ったボリューミーな苺パフェには、花火の仕掛けが!うまく撮影できればインスタ映えしそう。パフェは苺以外にも10種類もあるみたい。名物の美魔女ママにも会えます!!

 

Cafe de Jurie - 矢板市のカフェ・喫茶店・レストラン|栃ナビ!

 

3. 矢板はりんごが有名!? 矢板名産のりんごで作ったお菓子たち

矢板市民に矢板で自慢できるものを聞き回ったところ、皆さん口を揃えて「りんご」とおっしゃっていました。知らなかった!りんごといえば、青森や長野のイメージ。

矢板のりんごは青森や長野と比べて低地で生産するので、降雪や寒波などの冷害を受けにくく、りんごが完熟するまで樹に実をつけておけるので、蜜の量が凄いんです!

この矢板産りんごで作った乾燥りんご「かじりん」を番組出演者が絶賛していました。

 

加藤農園さんのウェブサイトで発見

矢板ブランド商品 かじりん (乾燥りんご)

 

矢板市の公式ページでもお取り寄せ可能みたい

やいたブランド認証品「乾燥果実かじりん」 - 栃木県矢板市公式ウェブサイト

 

道の駅でも入手できるようです。

道の駅やいた

 

観光地としては、以下の2つが挙げられていました。

 

1. 八方ヶ原のつつじ

ちょうど見頃を迎えているようです。

矢板市の公式サイトによると八方ヶ原は日光国立公園の一部で標高1,000mから1,200mの高さにあるようで、土日祝日は混雑するとあるので、こちらは混みそうな予感ですが、日光や那須と比較したら、多少は空いているのかな。

八方ヶ原のつつじ - 栃木県矢板市公式ウェブサイト

 

2. おしらじの滝

神秘的なブルーの滝は、いつも見ることができる訳ではなく、条件が重なった時にだけみたいなので、見れたらラッキーですね!パワースポットになりそう。

happyhappo.net

 

www.tochigiji.or.jp

 

有名観光地はどこに行っても混雑必須ですが、そこからちょっとそれた穴場なスポットで名産品やグルメ、観光を楽しむのもいいですよね!

 

それではまた!

 

 

 

気になる「アンバサダー募集」をピックアップしてみた

こんにちは😄

 

GW1日目は、どこかに出かけたくなる良いお天気ですね🌞

 

先日J-WAVEを聴いていたら、セブンイレブン「ドリームスイーツアンバサダー」なるもの募集していることを知りました。

 

セブンイレブンのスイーツを週1回SNSで発信する業務などを1年間行うと、なんと年収711万円がゲットできてしまう企画です。

 

最近、よく耳にする「アンバサダー募集」ではありますが、セブンイレブンにちなんで711万円を報酬とするのが凄いですね。破格。

 

任命されるアンバサダーは1名のみなのも納得。1次選考は2018年4月1日(日)〜5月13日(日)なので、SNS映えに自信のある方は、応募してみるといいかも。

お勤めの方は、就業先の副業規定を確認する必要がありますが、問題なければ、スイーツ好きには嬉しいお仕事ですね。

www.sej.co.jp

 

次に気になるのは、レンタルアクセサリー「トレンタアッカ」のアンバサダー募集。

アンバサダー特典は、3ヶ月間無料でアクセサリーをレンタルできること。終了後は特別特典有りみたいです。募集人数は20-30名。

締め切りが4月30日(月)と迫っているので、気になる方は要チェックです!

www.trenta-hakka.com

 

これも気になっているLCCジェットスターのアンバサダー募集です。

campaign.jetstar.com

 

アンバサダー立候補者の中から、最大5名の方がジェットスターで旅を楽しむという部活動ジェットスター旅部」アンバサダーとして、ジェットスター主催の「ごほうび旅」や撮影旅行に参加できます。他にもジェットスター出展、実施するイベントにも特別に参加できるなどジェットスター公認大使として、SNSでその貴重な活動を発信できるんです。

募集は2018年4月1日(日)〜5月31日(木)。当選者発表は6月30日(土)までに行われます。アンバサダーとしての活動期間は、当選連絡から2019年9月30日(月)までなので、1年強はありますね。

旅好きには魅力的なアンバサダー✈️。チェックしてみてください。

 

個人的には、アクセサリーレンタルの「トレンタアッカ」ジェットスターに応募したいのですが、致命的なことにInstagramのアカウントは大昔に作ったものの、アクティブになっていないんですよね・・・。汗。Instagramは20代〜30代の若い世代の領域な気がして、なんか入りにくかったり。

 

Twitterは一時期少しだけやっていましたが、これもほとんどアカウントが生きてない状況。

 

Facebookは実名でやっていますが、これまた最近ほとんどアップしておりません。。涙。

 

本ブログ立ち上げを機に「今さら聞けない40代からのInstagram/Twitterの活用方法」として、学びながらこのブログにもアップしていこうかなという気持ちになっています。やる気はあります(笑)。

 

ではまた!