ワクトビ !!

好奇心を刺激するニュースを追ってみたり、枠から飛び出すような企画・アイディアを発掘したり考えてみたりするブログ

GW中に行きたい有名観光地の隣町という穴場スポット!

こんばんは!

 

今日もお天気が良く、暑いくらいでしたね。

 

お出かけされた方も沢山いらっしゃると思いますが、混雑しているところは避けたいという方もいらっしゃるかと思います。

 

先ほど「所さんお届けモノです!」で、有名観光地の隣町にスポットを当てて、今回は栃木県の日光と那須に挟まれた「矢板(やいた)市」を特集していました。

 

矢板市??聞いたことないな。栃木県と言えば、やはり日光と那須が有名。足利市の「フラワーパーク」の藤も有名ですよね。

 

果たして矢板市に何かあるのか?と疑問が湧いてきます。JR矢板駅前は閑散としていましたが、番組で紹介されていた、3つの名産品がとても気になります!

 

1. 矢板名産ヤシオポークのステーキみたいなしょうが焼き(龍園)

ヤシオポークとは、ホエー(乳清)を与えて飼育した母豚から産まれた豚で、厚みがあり、焼きすぎると硬くなるイメージですが、とても柔らかいのだそう。

龍園のしょうが焼きは、ステーキみたいな見た目とボリューム。常連さんには餃子を1枚、無料でサービスするそうですが「所さんのお届けモノですを観た」と言えば、特別にサービスしてもらえるそうですよ!

 

矢板市観光協会でも絶賛されています。

www.yaita-kankou.com

 

2. 美魔女ママの作る花火が吹き上げる苺パフェ(カフェドジュリエ)

栃木名産のとちおとめをふんだんに使ったボリューミーな苺パフェには、花火の仕掛けが!うまく撮影できればインスタ映えしそう。パフェは苺以外にも10種類もあるみたい。名物の美魔女ママにも会えます!!

 

Cafe de Jurie - 矢板市のカフェ・喫茶店・レストラン|栃ナビ!

 

3. 矢板はりんごが有名!? 矢板名産のりんごで作ったお菓子たち

矢板市民に矢板で自慢できるものを聞き回ったところ、皆さん口を揃えて「りんご」とおっしゃっていました。知らなかった!りんごといえば、青森や長野のイメージ。

矢板のりんごは青森や長野と比べて低地で生産するので、降雪や寒波などの冷害を受けにくく、りんごが完熟するまで樹に実をつけておけるので、蜜の量が凄いんです!

この矢板産りんごで作った乾燥りんご「かじりん」を番組出演者が絶賛していました。

 

加藤農園さんのウェブサイトで発見

矢板ブランド商品 かじりん (乾燥りんご)

 

矢板市の公式ページでもお取り寄せ可能みたい

やいたブランド認証品「乾燥果実かじりん」 - 栃木県矢板市公式ウェブサイト

 

道の駅でも入手できるようです。

道の駅やいた

 

観光地としては、以下の2つが挙げられていました。

 

1. 八方ヶ原のつつじ

ちょうど見頃を迎えているようです。

矢板市の公式サイトによると八方ヶ原は日光国立公園の一部で標高1,000mから1,200mの高さにあるようで、土日祝日は混雑するとあるので、こちらは混みそうな予感ですが、日光や那須と比較したら、多少は空いているのかな。

八方ヶ原のつつじ - 栃木県矢板市公式ウェブサイト

 

2. おしらじの滝

神秘的なブルーの滝は、いつも見ることができる訳ではなく、条件が重なった時にだけみたいなので、見れたらラッキーですね!パワースポットになりそう。

happyhappo.net

 

www.tochigiji.or.jp

 

有名観光地はどこに行っても混雑必須ですが、そこからちょっとそれた穴場なスポットで名産品やグルメ、観光を楽しむのもいいですよね!

 

それではまた!