ワクトビ !!

好奇心を刺激するニュースを追ってみたり、枠から飛び出すような企画・アイディアを発掘したり考えてみたりするブログ

2018年下半期の占い特集をしている雑誌(5誌)で牡羊座をチェックしてみた!

皆さん

 

こんにちは!

 

関東は梅雨明けしたとか。観測史上、6月中の梅雨明けは初とのこと。今年はいつもより暑い日が続きそうです。 

 

ブログは前回の記事アップから、1ヶ月以上も経てしまいました。。

 

6月から転職先の新しい会社での勤務が始まり、環境が変わったということもありますが、1ヶ月放置状態のこのブログに月間300ほどのアクセス数があることが分かり、大変ありがたく思っています。

 

さて、今日は、5月、6月に発売された女性誌で、2018年下半期の占い特集をチェックしたものをまとめてました。

 

6月に転職したばかりなので、チェックするのは専ら仕事運です。笑。自分にとって嬉しいコメントを参考にして、ネガティブな内容がある場合は、軽く流して、都合のいいように解釈するという読み方ですが(^^;;

 

全部は網羅していないですが、私がチェックした雑誌です。

 

◯『フィガロジャポン』2018年7月号

5月20日発売の先月号になりますが、恒例の石井ゆかりさんの「下半期の星の時間を読む 星占いスペシャル。」です。石井ゆかりさんは、ボキャブラリーと表現力が豊富で美しく、セラピー効果もあります⭐️

私の星座、牡羊座は、2018年後半に抱く大きな野心を現実に変える為に計画を具体化して、アクションを起こしていく時期だそう。自分が属する組織やコミュニティーなどの仲間や集団から自分を客観的に捉えて「個としての自分」を再発見することで、また新たな自分として集団に参加していくようです。自分を見つめ直して向きあって行くことが大切は下半期になりそうです。

 

◯『エル・ジャポン』2018年7月号

こちらも5月28日に発売になった先月号で「花と昆虫占い」2018年下半期を特集していました。

当たると評判のカリスマ占い師、水晶玉子さんの占いです。生年月日から自分の花キャラを探して結果を見るようになっています。私は「バラ」でした。花キャラナンバーと行って、同じ花キャラでも数字が異なるので、それによって出される占いの内容も異なってきます。「バラ」は下積みの努力が嫌いな姫気質らしく、2018年後半は奔放さが増して行くみたいで、良い結果に繋がるかは、タイミング次第みたいです。

 

◯ 『an an 』2018年6月27日号

「2018年後半、あなたの恋と運命」

半期に一度、恒例のananの占い特集です。毎回必ずチェックしています。「2018年後半の逆転劇の主役は?」で牡羊座は2位でございました!

試練はまだ続くそうですが、トンネルから見える光はそう遠くないというのが全体運。

仕事運は、奮闘することが実を結ぶみたいで、もがきながらも波に乗ることを目指すことが良いらしいです。

 

◯  『SPUR』2018年8月号

6月23日発売。2018年下半期 真木あかりの「愛と仕事の危機管理占い」が特集されています。

牡羊座は、自分がこれが本当に好きだ!と思えることを再確認すると、時間の有効活用に繋がるそうで、11月中旬からは、自由に生きるという自己改革にベストを尽していくことが大事だそうです。仕事は同じく11月中旬から1年間は出張や海外赴任など、世界を広げていく旅がありそうとのこと。プレッシャーはかかるかも知れないけど、それが自分の経験値になるそうなので、頑張ります!

 

◯ 『家庭画報』2018年7月号

綴じ込み付録で「2018年下半期 開運・招福術」として、ステラ薫子さんの「王妃占い」が特集されています。牡羊座は「白雪姫」で、今後3年間を見据えて貯蓄や投資に励むと大きな見返りがあるみたい。仕事は目の前の試練を乗り越えれば、輝かしい成功を手にすることができるそう。11月後半に海外旅行をすると金運がアップそうで、11月はターニングポイントなのかな。

 

複数の雑誌を読み比べる時に共通点を探しながら読むと、当たる確率が高まるような気がします。

 

今年も残り半年。2019年に向けて、自己改革を進めるべく、下半期も頑張っていきましょう!

 

それではまた!